障がい年金基本のき


障害年金の対象となる障がい一覧

ブドウ膜炎、緑内障(ベーチェット病によるもの含む)、白内障、眼球萎縮、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症、眼球萎縮、網膜はく離、腎性網膜症、糖尿病網膜症

聴覚、平衡機能

感音性難聴、突発性難聴、神経性難聴、メニエール病、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害

鼻腔

外傷性鼻科疾患

口腔(そしゃく言語)
言語

上顎癌、上顎腫瘍、喉頭腫瘍、喉頭全摘出手術、失語症、脳血栓(言語)など

肢体の障害

事故によるケガ(人工骨頭など)、骨折、変形性股間節症、肺髄性小児麻痺、脳性麻痺脊柱の脱臼骨折、脳軟化症、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、上肢または下肢の切断障害、重症筋無力症、上肢または下肢の外傷性運動障害、関節リウマチ、ビュルガー病、進行性筋ジストロフィー、脊髄損傷、パーキンソン病、硬直性脊髄炎、脳血管障害、脊髄の器質障害、慢性関節リウマチ、筋ジストロフィー、ポストポリオ症候群、線維筋痛症

精神障害

うつ病、そううつ病、統合失調症、適応障害、老年および初老などによる痴呆全般、てんかん、知的障害、発達障害、アスペルガー症候群、高次脳機能障害、アルツハイマー等

呼吸器疾患

気管支喘息、慢性気管支炎、肺結核、じん肺、膿胸、肺線維症、肺気腫、呼吸不全など

循環器疾患

心筋梗塞、心筋症、冠状僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、先天性疾患など

腎疾患

慢性腎炎、慢性腎不全、糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎など

肝疾患

肝炎、肝硬変、肝がんなど

糖尿病

糖尿病(難治性含む)、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症など糖尿病性と明示された全ての合併症

血液

再生不良性貧血、溶血性貧血、血小板減少性紫班病、凝固因子欠乏症、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形性症候群、HIV感染症

その他

人工肛門、人工膀胱、尿路変更、クローン病、潰瘍性大腸炎、化学物質過敏症、白血病、周期性好中球減少症、HIV、乳癌・胃癌・子宮頸癌・膀胱癌・直腸癌等のがん全般、悪性新生物、脳脊髄液減少症、悪性高血圧、その他難病


Q 障がい年金にはどのような種類があるのでしょうか?

 障がい年金には「障がい基礎年金」「障がい厚生年金」「障がい共済年金」があります。

 障がいの原因となった病気で初めて病院を受診した日(初診日)に、どの年金制度の被保険者であったかによって、受給する障がい年金の種類が違ってきます。

 国民年金の被保険者には「障がい基礎年金」が、厚生年金の被保険者には「障がい厚生年金」、共済年金の被保険者には「障がい共済年金」がそれぞれ支給されます。


Q サラリーマン、OLなどの期間中の病気やケガについての障がい厚生年金は、どのような場合に受け取れるのですか?

1.初診日要件 、2. 障がい要件 、3. 保険料納付要件 をすべて満たしていれば、障がい厚生年金を受け取ることができます。

 

1.初診日要件とは、初診日において、厚生年金保険に加入していた(被保険者であった)ことです。

 

2.障がい要件とは、障がい等級1級、2級または3級に該当することです。

 

3.保険料納付要件とは、保険料納付済期間が、全体の加入期間の3分の2以上あることです。ただし、保険料納付要件については、平成38年4月1日までは、初診日前日までの1年間で保険料滞納がなければよいという救済措置もあります。


Q 障がい年金を受けているが、老齢の年金を受けられるようになったときは、両方の年金を受けることができますか?

 原則として、障がい年金または老齢の年金のいずれか一方を選択することになります(1人1年金の原則)。

  • 65歳以上の方については、障がい基礎年金と老齢厚生年金(または退職共済年金)の併給を選択することができます。
  • 障がいの年金には税金がかかりませんが、老齢の年金には年金額により税金(所得税)がかかります。